About Us

Hokuzan は、高品質の日本茶を世界に広め、それを根付かせたいという思いから、京都の宇治田原にて事業をスタートしました。何百年にもわたる長い歴史、そして文化的にも価値の高い日本茶の世界において、新参者としてできること、それは日本茶の未来を築いていくことであると私たちは考えています。私たちは日本茶の魅力とその可能性を信じ、新たな価値の創造と提供をテーマにこの世界を進んでいきます。

CONCEPT

お茶をシンプルに「楽しむ」こと。それが私たちのお茶に対する考え方です。お茶はただ単にのどを潤すためだけの飲み物ではなく、楽しむことができる、奥が深い飲み物です。お茶を楽しむということを一つのライフスタイルとして、様々な角度からその楽しみ方を提案します。

お茶のある暮らし

朝の一杯に、仕事の合間に、休日のゆったりした時間に、お友達やご家族と過ごす時間に。どのようなシーンでも、お茶はたった一杯で日常の中にほんの一息、リラックスした時間と空間を生み出してくれます。そんな時間が、暮らしの中にちょっとした優雅な雰囲気と気持ちをもたらせてくれます。
「お茶が香る、ちょっと優雅な暮らし。」
そんなメッセージとともに、皆様にお茶をお届けします。

京都、宇治田原

1738年、現在多くの人々に親しまれている煎茶は、京都の山奥にある小さな町、宇治田原で生まれました。その当時、透き通った緑色のお茶は、従来のものとは異なる画期的なお茶であったといわれています。そんなお茶を生み出した人物の名は、永谷宗円。彼は、幾度にもわたり、度重なる試行錯誤の上、そのお茶を完成させました。そしてその後、宇治製法と呼ばれたその技術を惜しみなく人々に伝え、日本全国にその製茶方法が伝わっていきました。
緑茶が生まれてから数百年経った今でも、宇治田原では彼の信念が受け継がれ、良質のお茶が作られています。

About our tea

お茶は種類や産地によって香りや味はそれぞれ違いますが、あくまでも嗜好品です。しかし、香りや味は違えど、その一つ一つの品質に妥協はしていません。私たちは数多くあるお茶を一つずつじっくり吟味し、そしてテイスティングを繰り返しながら納得のできるお茶を選んでいます。そしてその中からそれぞれに個性のあるお茶を選び、揃えていますので、皆様のお好みに合ったお茶を探してみてください。

Shiharu しはる

Brand Message

“しはる”とは、日本の古都、京都で広く使われている言葉です。上品で丁寧、そして相手への敬意を含みながらも、やわらかな表現で親しみやすいこの言葉は、日本茶の精神にも通じるところがあります。私たちは、日本茶をこのように表現し、皆様をもてなします。

Brand Concept

“しはる”は、先人たちが築いてきた日本茶の文化、伝統を未来へ受け継いでいくということをコンセプトにしています。それには、玉露や煎茶、抹茶といった古くから日本人に親しまれてきたお茶の味を楽しんでもらいたいという思いが根本となっています。淹れ方によって様々な香りや味を演出できる日本茶は、世界でも珍しく奥の深いお茶です。歴史、伝統、文化など、多面的に日本茶の楽しさをお伝えしていきたいと考えています。

Kabuku かぶく

Brand Message

“かぶく”とは、日本の伝統芸能である歌舞伎の語源とされており、元々は常識はずれを表す言葉として使われていました。日本茶の当たり前に少し遊びを加えた“かぶく”のお茶。皆様にとっての日本茶が、もっと楽しくなります。

Brand Concept

お茶の楽しみ方は、千差万別。今までの日本茶の常識とは少し変わった楽しみ方を追求していく、それが“かぶく”のコンセプトです。それは、真っ白な紙に自分の好きなことを描いていくような、そんな楽しみ方でもあります。かぶくには、その言葉が持つ意味の通り、“常識”はありません。皆様がそれぞれ自分の楽しみ方を見つける、そのお手伝いをしていくことが、かぶくのテーマです。

Love to Hear From You

hokuzan.jpからのメールを受信可能な設定にしておいてください。

会社概要

所在地
〒610-0332 京都府京田辺市興戸地蔵谷1番地
同志社大学京田辺キャンパス内 D-egg 312号室
Email
contact(at)hokuzan.jp ※hokuzan.jpからのメールを受信可能な設定にしておいてください。
代表者
山北 祐士
資本金
100万円
事業内容
  • (1) 日本茶及びそれに付随する商品の海外への販売
  • (2) 日本茶等販売のマーケティング手法の研究
  • (3) 日本茶に関する新商品の開発